にきび肌のスキンケアと治療

subpage1

肌トラブルの中でも、皮脂の分泌が多い方に多いものとして挙げられるのが、いちご鼻やにきびです。


どちらも皮脂の分泌量が多いことが原因で起こると考えられていますので、分泌された皮脂をしっかりと洗顔で落とし、保湿で肌を整えることが重要です。



特に、にきびは思春期ごろから大人になるまで悩まされる方や、大人になってからも治らないといったケースも見られます。



大人になって出る症状は、アダルトニキビとしても知られ、皮膚科の一般的な治療では治りにくい症状と言われています。

にきびが気になる場合は、専用のケア用品が販売されていますので、洗顔や化粧水、美容液などを使用したケアが有効です。
化粧品でケアしても症状が治まらない時は、皮膚科の治療が有効なケースがあります。

皮膚科では症状を抑えるための薬が処方されます。


薬を付けると、肌の炎症が治まったり、ターンオーバーを促しきれいな肌になる手助けとなります。その他ビタミン剤や抗生物質、漢方薬が処方されることもあります。

2ちゃんねるの新しい情報です。

皮膚科の一般的な治療で治らないタイプの大人にきびはアダルトニキビ専用の治療が効果的です。この治療は、女性向けの治療となりますが、女性ホルモン薬である低用量ピルを使用したもので、ホルモンバランスの崩れから出る症状に効果があることがわかっています。


生理前ににきびができやすい方は、アダルトニキビの治療を行っている美容皮膚科などで治療をうけることで、効果が出ることがあります。